アメリカで生活していく上で、銀行口座は重要です。アメリカ留学にかかる費用で書いているように、日本から持ち込んだカードで支払ったり現金で持っていくという方法もありますが、アメリカは「カード社会」である前に「小切手社会」です。クレジットカードやデビットカードと違い個人間の金銭のやり取りに掛かるコストが非常に低く抑えられるためです。銀行によって違いますが大体一回の手数料が50セントを越えることは稀だと思いますし、無料の場合もあります。

小切手を振り出したり受け取るのに、アメリカで銀行口座を開いておくことはほぼ必須です。

アメリカの銀行口座を普通に開く方法

アメリカの銀行口座を開設するには、ソーシャルセキュリティナンバー(社会保障番号、SSN)が原則的に必要になります。ソーシャルセキュリティナンバーは、元々は基礎年金番号のようなものなのですが、納税やローンを組むときだけでなく、果ては携帯電話の契約まで、何かしら契約が絡む個人情報を一元管理するのに使われています。

SSN:ソーシャルセキュリティナンバー

今の日本ではマイナンバーに該当しますが、マイナンバー制度が始まったばかりなのと違って歴史がありいずれ日本のマイナンバーが辿るに違いない道の先を行っていて、ほとんど全ての支払い情報にリンクしています。銀行などでは、この番号を入力すると色々な情報が一瞬で出てきます。口座を開いたり、借金をしたりといった場合にも、カードのコピーを求められたり、カード番号を伝えたりということが必要になってきます。本人確認のための重大な手段ですが、写真が載っていたりするわけではないので、成りすまし被害に遭うと深刻です。

この重要なソーシャルセキュリティナンバーが日本人にとっては厄介です。日本のマイナンバーと異なり、取得するには「収入があって納税する」のが必要です。僕のような「ポスドク」は大学では「学生」の一種とみなされていますが給料(ビザの面接の時には「給料」と言ってはいけないようです)が支給されますし、大学院生も医学生物学分野の場合は学費が免除された上に「給料」が支給されるのでソーシャルセキュリティナンバーを取得できます。

そうでない場合は、ソーシャルセキュリティナンバーは取得できません。

銀行口座の開設

銀行口座の解説にはソーシャルセキュリティナンバーが必要です。ソーシャルセキュリティナンバーがないと原則的に口座の開設はできません。

その他の契約にもソーシャルセキュリティナンバーが必要になりますが、大学と雇用関係を結んでから数週間経たないとソーシャルセキュリティナンバーは発行されません。ソーシャルセキュリティナンバーがないと、アパートの契約や携帯電話の契約、ガス・水道・電気などのライフラインの契約、インターネット開設などなど、できないことはありませんが不利益を被ります。たとえば、携帯電話の契約時に300~500ドルのデポジットを求められたり、電話一本で簡単に契約できるところ、出向いて交渉しなくてはいけなかったり、などなどです。

ソーシャルセキュリティナンバーがないと契約できないのに、大学などと雇用契約をしてからソーシャルセキュリティナンバーを手に入れるまでかなり時間がかかるのです。

これを解決してくれるのが、「紹介状」です。アメリカ社会が実は日本よりもコネ社会ではないかと感じる一面です。(日本では日本人であるが故にそういう面で不利益を被ることがなかったからだとも言えますが。)

僕はJ-1ビザなので、DS-2019という大学からの支給額が書かれた紙に加えて、日本の銀行口座残高証明書、などを持っていったのですが、大学からの紹介状を見せるまで銀行口座の開設ができませんでした。

小切手を使うのに必要なのは、チェッキングアカウントです。チェッキングアカウントが当座預金、セービングアカウントが普通預金に相当します。一定額(1000ドル程度が多いと思います)を入金しておくと口座維持手数料が免除されます。大抵、チェッキングアカウントにもグレードがあり、入金予定の金額にもよって小切手が無料で発行されたり、優遇金利が適応されたりといった特典がつきます。

クレジットユニオンでSSNが無くても口座開設

大学の周りには、大抵クレジットユニオンという組織があって、大学内にたくさんATMが設置されていると思います。日本での信用組合、信用金庫と同じもので、非営利組織です。銀行と同じく、破綻時の預金保険があります。

加入には条件がありますが、日本の信用組合よりも基準がゆるい気がします。大学のクレジットユニオンなら学生・職員は加入できます。非営利なので、きめ細かいサービスは無いかもしれませんが、預金金利が高かったり、大学構内にATMがたくさんあるので利便性が高いです。

クレジットユニオンを使っている同僚によると、クレジット・ユニオンと名前のつくATMならどこでもATM手数料が無料だそうですが、僕は持っていないのでわかりません。渡米したときにはクレジットユニオンの存在を知らなかったので銀行で口座を開きましたが、知っていたらクレジット・ユニオンにしていたかもしれません。

ハワイの銀行で口座開設

日本人の旅行先として人気が高いハワイでは、旅行者でも銀行口座を開設することが出来ます。ハワイの店舗に出向いて口座開設する必要がありますが、ハワイには日系人が多いことに加えて、旅行で訪れて銀行口座を開設する日本人が多いため、日本語を話せる職員がいる銀行が多いようです。

この場合も、ソーシャルセキュリティナンバーは不要です。

日本に居ながら、アメリカのユニオンバンクの口座を開設

もう一つ、ソーシャルセキュリティナンバーがなくてもアメリカの銀行口座を開設する方法があります。ユニオンバンクのカリフォルニア支店で口座を開設する方法です。ユニオンバンクを東京三菱UFJ銀行が傘下においているために可能となっている方法で、東京三菱UFJ銀行に口座を持っている必要があります。

東京三菱UFJのサイトでユニオンバンクで口座を開設する方法が解説されています。元々大きな銀行ではないので、ネットバンキング機能が他の銀行より劣るというレビューもありますが、日本にいる間に留学資金をアメリカに送っておけるのは便利です。口座開設後には東京三菱UFJ銀行は手伝いをしてくれないので、重要な操作にはアメリカ本土に行く必要があるかもしれません。

留学で使うなら、ユニオンバンクで口座を開設しておいて、留学開始後に留学先でクレジットユニオンや銀行の口座を開設できたら、口座維持手数料がかからない最低金額を残して小切手で移動させるという方法が良いと思います。

通帳とキャッシュカード、印鑑

通常、アメリカの銀行では預金通帳は発行されません。明細をインターネットで見たり、郵送で送ってきます。日本のネットバンクと同じですね。

日本ではキャッシュカードと言われるカードはアメリカではATMカードとも呼ばれますが、多くはデビットカードを兼ねていてATMで預金の出し入れをできる他、クレジットカードの代わりに支払いに使うこともできます。クレジットカードと違って、使うとその場で預金から引かれます。ATMで預金を引き出す際、同一所有者でも関連付けられたアカウントからしか預金の引き出しができないようになっています。セービングアカウントに残高があっても、チェッキングアカウントになくなっているとATMで引き出すことができないので、必要なら「オーバードロー」「オーバードラフト」できるようにしておきます。

クレジットカードにはないデビットカードのメリットとして、「買い物をしたときに現金でお釣りをもらえる」ことがあげられます。「チェンジをください」といえば大手の商店であれば出してくれると思います。ATMまで行かなくて良いのと、引き出し手数料がかからないので便利です。

デビットカードの利用で注意すべき点もあります。一つ目は、時々使えない場合があることです。基本的にはクレジットカードでは支払えない店でもデビットカードは受けてくれることが多いのですが、まれに逆でデビットカードが使えない場合もあって、現金を持っていないと困ることになります。

二つ目は、デビットカードの支払い手続きです。支払いの器械によって、デビットカードでもサインでよい場合と、日本のICカードのように暗証番号(PIN)を求められる場合があります。レストラン等ではサインでよく、スーパーマーケットなどではPINが必要になる場合が多いです。ここで、日本のATMのように周りから見えないようになっていないため、誰かに見られていたら容易に使われてしまいます。知り合いのアメリカ人は、このためにデビットカードは使わないと言っていました。

気になる人は、プリペイドカードを入手して入金しておくと良いでしょう。銀行でも発行しているところがある他、スーパーや薬局には大抵置いてあります。会計の近くにある場合が多いですが、ギフトカードの近くにこんな感じで並んでいます。

CC BY-SA by Miia Sample (https://goo.gl/uSzVZF)

日本と違って、「印鑑」を使う文化はなく、サインです。銀行に登録したサインはフルネームでほとんどブロック体な文字だったのですが、最近イニシャルだけ書き殴った小切手でも特にトラブルになりませんので、サインをちゃんと照合しているのかは謎ですが、ハンコよりはセキュリティが高いのではないかと思います・・・。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。