アメリカはスポーツ大国です。メジャーリーグ(MLB)、バスケットボール(NBA)、アメリカンフットボール(NFL)は大人気で、日本での知名度も高いと思います。それらにアイスホッケー(NHL)を加えて、北米四大プロスポーツリーグと呼ぶようです。それだけでなく、日本からも有望選手が「挑戦」しに渡米するゴルフ(PGA)、自動車レース(IndyCar、NASCAR)も人気が高いです。

現役男子選手の知名度はイマイチなのですが、テニスでもアンドレ・アガシ(Andre Agassi)、ピート・サンプラス(Pete Sampras)、ジョン・マッケンロー(John McEnroe)といった、日本でもよく名前を聞いた名選手をたくさん輩出しています。日本の錦織圭選手が留学し、今でも拠点にしているのもアメリカですし、大ブレイクに貢献したコーチのマイケル・チャンもアメリカ人です。

さらに、「サッカー不毛の地」と呼ばれていたはずなのですが、サッカーの人気は急上昇中でプレイ人口はドイツやブラジルよりも多い(FIFA資料より)とされています。この資料によると世界で2億6千万人がプレイしているとなっていますが信憑性は分かりません。2014年のFIFAワールドカップでは、試合視聴者数がNHLのスーパーボウル(=優勝決定戦)に匹敵したというニュースが大きく報じられていましたし、ワールドカップ中は周りがアメリカ代表の活躍に熱狂していました。メジャーリーグサッカー(MLS)もあり、少し前にはデイビッド・ベッカム(David Beckham)がMLSに移籍したことで日本でも話題になりましたし、今年はブラジル代表のカカがMLSへ移籍してきています。

人気なのは、プロスポーツだけではありません。学生スポーツの人気も絶大です。強豪校があるかどうか、ということも関係すると思いますが、特に大学スポーツが人気です。日本の大学スポーツのように、卒業するまで活躍する選手もいるのですが、「プロスポーツへの入り口」として一年だけ在籍して、すぐにプロになってしまう大学もあります。

人気が高いのは、主に男子スポーツで、テニスはウィリアムズ姉妹のような名選手もいますが人気が高いというイメージはありません。女子野球はプロリーグはなくなってしまっていますし、女子サッカーもオリンピックで優勝し続けているにもかかわらずプロリーグは財政難でなくなってしまいました。(翌年、組織を変えて再出発しています。)

ところで、2014年に発表された世界のスポーツ選手年収ランキングの1位は、アメリカのプロボクサーです。ボクシングに興味はないのですが、すごいですね。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。