日本で人気が高い「習い事」の記事を見ると、「英語」「英会話」は老若男女問わずランキングに入っています。僕は中学と高校で普通に英語の授業を受け、大学でも必要最低限の英語の授業を受けただけなので、もっと勉強しておけばアメリカ留学中に苦労しなかったのにという気持ちもないではありませんが、英語の勉強に熱意を持っていたことは今までにありません。

アメリカ留学中の数年はこれまでの人生で一番英語を使い、英語でのコミュニケーション能力も(自分的には)高まりました。現地の子供には笑われるレベルですが、外国人慣れした教育レベルが高い人とならコミュニケーションが取れるようになりました。でも、土曜日に日本人と会って日本語で話をすると、月曜日には英語が出てこないのです。日本では、日常的に英語を話す機会は全くありません。

これではせっかくアメリカ留学して(主目的ではないにせよ)英語スキルが上がったのに、来年には喋れなくなること間違いなしです。何とか英語スキルの低下を抑える為にいくつか計画、実行しています。効果があるかは来年になったらわかるでしょう。

英語学習のモチベーション

そもそも、日本で英語を使う機会は意識して使う機会を作らなければ、ありません。特に僕は医者というドメスティックな職業に就いていて、外国の患者さんが来院すれば話す機会がないわけではありませんが、英語ではなくて中国語・スペイン語のほうが多いうえに通訳がつくことも多いので、本当に使う機会は限られます。論文を読んだり書いたりというのは一応英語ですが、出版された論文の中には文章が無茶苦茶のモノも多いですし、一字一句を読み込むわけではないので微妙です。

使わない、差し迫った必要がない英語を勉強するのは苦痛なので、今までは英語を勉強しようと思ったことがないのです。「今年こそ英語」という人にモチベーションの維持方法を聞いてみたいものです。僕の場合、英語学習へのモチベーションは、「アメリカで出来た友人とコミュニケーションを取る」のが主です。ついでに、「いつか英語圏に再進出をしてみたい」というのも一応あります。

一般的には、下に挙げていくようなものが英語学習のモチベーションになるのではないかと思います。

恋人・家族との会話が英語

たぶん、最速で英会話を上達させる一番かつ唯一の方法だと思います。僕の知る人達の中では、日本出身の日本人で英語がペラペラな人は全員、アメリカ人と結婚した日本人でした。それ以外の人たちは30年、50年アメリカで仕事をしていようと、やっぱり日本人英語のアクセントが強く残っています。

僕からすると、ネイティブとしか思えないレベルで英語を操っているように見えるのですが、本人たちに聞いてみると「英語の壁、ハンデを感じる」そうです。

今の日本の義務教育だと、少しは改善しているのでしょうか?

仕事上必要

次に出てくるのは、仕事で英語圏と交渉する必要がある場合です。僕のようにアメリカに研究留学していたというのもここに含まれるのかなと思います。

昇進・進学に必要

TOEICやTOEFL、英検をとるのが必要だという場合もあるでしょう。

英語の勉強方法いろいろ

日本人の場合、中高できちんと及第点が取れるレベルなら、英語の読み書きに必要な文法は知っているはずです。ヨーロッパからの移民の人たちは、日本人よりは遥かに英語コミュニケーション能力が高いですが、書いた文章を見ると文法的にはぐちゃぐちゃという人も多いです。

会話能力を高めるためには、どうしても会話を続ける必要があります。でも、時間がない、興味がそれほどわかないという場合には、読み書きだけでも何もやらないよりはだいぶ良いと思います。英会話の定番といえば英会話スクールですが、スクールまで通うのは時間的にもかなり大変なので、オンラインの英会話レッスンがかなり普及していると感じます。

他に英会話をする機会を作れるものというと、ハードルが高めですがMeetup(ミートアップ)などで英会話をするグループに参加するという手もあります。

後は、会話から外れてしまいますが、英語で読書したり、アメリカのドラマ・映画を見たり、英語でブログを書くといった方法もあります。特に、読書、映画鑑賞だけでは、英語が口から出てこないので、英語のブログを書くと自分の理解できていない部分がわかるので良いです。添削サービスを頼むと、結構高額になってしまうので、無料でできる英語添削ソフトを使っています。論文などでは全部書きあがってからチェックしてもらうしかなかったので、正直添削された場所をじっくり見ることは多くないのですが、書きながら指摘してくれるので、文章を書く力が磨かれる気がします。(人の手でチェックしてはいないので、添削としてはレベルが低いですが。)

英会話スクール・オンライン英会話

日本全国にある英会話スクールに通うという選択肢もありますが、決まった時間に出向かなくてはいけないというのは、時間が読みにくい仕事をしている以上非常に厳しいです。オンライン英会話を使うのが現実的な選択肢(リンク先は比較記事)です。

オンライン英会話は実店舗のスクール型よりも参入しやすく、お互いに価格競争しているのでスクール型と比べて低予算で英会話できます。

スカイプ英会話の講師

良い講師に出会える確率はそれほど高くないのが問題です。良い講師は人によって全く違うと思います。今まで受けたオンライン英会話の中で「これは!」と思った講師は最大手のレアジョブでしたのですが、独立したらしく居なくなってしまいました。よく考えると、日本人が「安い」と感じるレッスン料ではよい講師を留めていくことはもうできないのでしょう。

25分129円~のマンツーマン英会話

ワールドビジネスサテライトや産経新聞でも紹介された英会話

前の記事でも紹介しているNativeCampだと低予算でいつでもレッスンが受けられますが、講師は若干イマイチな感じです。講師に大学生が多いので近い専門性だとか同じ趣味だという講師を見つければ、楽しくレッスンできると思います。レッスン回数が無制限なので、どんどん試していけるのが強みですね。

「レッスン」かフリートークか

ほとんどすべてのオンラインスクールは独自の教材を持っています。多くのスクールは必ずしも教材を使わなくてもレッスンを受けられますが、BestTeacherはフリートークではなく自分で作った会話文章をレッスンする感じですし、カランメソッド、DMEなどの学習メソッドはフリートークではありません。

良くある質問に対する回答を準備できるオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

「レッスン」は、講師のレベル・興味が自分に合わなくても問題が少ない半面、喋っていても楽しくないのが問題です。僕は、フリートークが好み、というか「レッスン」を続けるにはモチベーションが足りません。留学・赴任前など急いである程度のレベルに到達しないと困る場合には学習メソッドを試してみてもよいと思います。

フリートークの内容

別に友達でもない英会話講師とあまりにも個人的な話をするのは、それほどリスクはないにせよあまりいい気がしません。大抵、初めての講師の場合には自己紹介(ニックネームとどんなことをしている、もしくは趣味についてなど)を最初にした後に、時間まで喋ることになります。NativeCampのように毎回同じ講師に担当してもらうことが少ない場合は、自己紹介の練習がはかどります。

当たり障りのない内容としては、

  1. 講師の国の習慣と日本の習慣について話しあう
  2. 日々のニュース
  3. 趣味について

あたりかなあと思います。他にあれば是非教えていただきたいです。

(1)の習慣の違いについては、毎回同じ講師と話しているとすぐに尽きてしまいますが、無難な内容です。

問題は、(2)のニュースと(3)の趣味の話題で、致し方ないことですが講師が全く知らない内容や興味がないテーマであることが多くなります。説明の練習と思えばよいですが、あまりに薄い反応しか戻ってこないとつまらなくなるので難しいところです。レアジョブのベテラン講師などほとんどフルタイムの講師は、僕などよりも日本のニュースに詳しかったりしますが、NativeCampの講師はその点では厳しいです。

英語のニュース

ニュースは英語を読む練習がてら、英語で書かれたものを読んで話のタネにするようにしています。オンライン英会話の講師が多い、フィリピンに関係したニュースが少ないので、今度フィリピンのニュースサイトでも見てみようかと思います。(参考:『Phillipine Inside News』日本語です)

アメリカ圏のニューㇲなら、

  1. Wall Street Journal
  2. NPR
  3. CNN.com
  4. FoxNews
  5. abcNews
  6. NBC news

あたりで、なんとなく上の順番で内容が簡単になっていくと思います。イチオシはWall Street Journalです。契約しないと見られない有料記事が多いですがウォールストリート・ジャーナル日本版 でも英語版でも契約すれば他のエディションが読めるようになります。

通常、月額3000円弱なのですが、最初の3か月は100円というキャンペーンをほとんどいつもやっていますし、解約した人に割引キャンペーンを案内してくれるので、うまく使えばあまり費用が掛からずに使えます。日本語版はまだキャンセルしたことがないですが、英語版はキャンセルに電話が必要です。

3か月100円のキャンペーンは、英語版でも同様のものがあり、今のところ相互にリンクされていません。そして、一旦キャンセルした後180日以降なら再度3か月100円キャンペーンに参加できます・・・。アメリカベースのサービスはこういうのが多く、自宅で使用していたインターネットも(僕は試す機会がありませんでしたが)料金が上がるときに交渉すれば値下げしてくれたり、初期のプロモーション価格が終わる時に解約して別名義で再度契約して安く済ませたり、周りの人は皆やっていました。そんなものなのでしょう。

世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

注:当サイトのリンクから契約サイトに移行した場合、3か月100円のキャンペーンは表示されていません。URLを書き換えて、「page=jwsj_7&term=annual」を「page=jwsj_9&annual=false」にすると出てきますが、公式サイトのリンクのほうが良いかもしれません。

ミートアップ

ミートアップ(Meetup)は、日本で英会話をしたい人と交流するのには良い手段の一つだと思います。ただ、ミートアップはFacebook(フェイスブック)などと比べて本人確認がされない状態で参加者を募る形になるサービスで、他のソーシャルサービスとは(統合もできますが)切り離されているためにどんな人が来ているのかわかりづらいというデメリットもあります。(日本語のウェブサイトもあります。)

アメリカでは参加したことがありますが、ちょっと失敗だったかもというグループにあたることもあります。日本ではやったことがないので、日本の英会話グループがどうなっているのかわかりませんが、ちょっと見てみる限りでは参加者は日本人ばかりなので、英語の会話をどの程度やっているのか、ページをみても全くわかりません。度胸があるなら、自分で日本語NGのミートアップを立ち上げても良いかも知れません。

英語で読書、映画鑑賞

英語で読書をするなら、以前でしたら丸善や大学生協などの洋書をたくさん置いてある書店というのが一番の選択肢でしたが、今の時代はアマゾンのキンドルが一番良いと思います。楽天が力を入れていたKobo(コボ)も端末は良かったのですが、読める本が少なく高かったためか、今から買うのは無駄です。

日本のアマゾンで買った場合でも、アメリカのアカウントを作って最初に設定すれば、日本でもアメリカの電子書籍が読めるようです。

お勧めは、液晶タブレットではなくて電子ペーパーを使ったKindle PaperwhiteKindle Voyage、新発売のKindle Oasisです。どれも、3G回線を使ってダウンロードする機能と、広告表示を付けることで安く買うプランが選べます。3機種の違いは、パネルのグレード(Oasisはガラス)、Oasisのみバッテリー付きカバーがついてくること、Paperwhite、Voyage、Oasisの順に軽くなっていることです。アマゾンプライム会員なら、初回限定で4000円引きになるキャンペーンが実施中です。

洋書を買うつもりなら、旅行でアメリカに行くことがあればアメリカで買っても良いかも知れません。アメリカのほうが高い機種は安く買えます。キンドルを紹介しているサイトでは日本国内限定と書いてあるのですが、アメリカで売っている機種は全世界(カバーされていれば)で3G接続が可能なので、日本で売っている機種が日本でしか使えないのかは僕にはわかりません。心配なので、僕は買うならアメリカのサイトからかなと思います。

以前は、無料3G回線を使ってブラウジングも制限なくできた時もありましたが、逆手にとってテザリングする人が出たために今は制限がきつくなっています。

英語を書く—ブログなど

英語を話すことに直接役立つことはないと思いますが、英語力を底上げするのに役立つと思うのが英語ブログです。

日常のことを書くのでも悪くはありませんが、特に日本のブログサービスを使って作った場合には英語圏の人が見てくれる可能性が限りなく低ってしまうため、グーグルブロガーか、敷居が高くなりますがワードプレスを使うのがお勧めです。

日常生活を英語にするよりも、もっと良いと思うのが、趣味や仕事に必要な知識を英語で解説するブログです。英語で人に説明したり、討論しなくてはいけなくなったときに、調べながら順序だてて文章を作った経験があるのとないのとでは大きな差が出ます。

英文添削サービス

問題は作った英語が正しく伝えられる英語になっているか、ですが、有料のブログ添削サービスに頼むとかなり高額になってしまいます。例えば、「激安」を売りにしている「英語添削アイディー」と「アイディービジネス」でも1単語10円以上なので、少なくとも200語以上を使って作る英語ブログなら、更新のたびに3000円になってしまい、アクセス数がよほど多くないと高すぎます。英文論文を校正してくれるサービスのほうが納期を気にしなければ良いかも知れません。

英文校正プログラム

無料でも使えるサービスとして、英文校正を補助するプログラムがいくつかあります。調べた限りで良さそうなものが2つあり、GrammarlyとGinger Softwareを今のところ試しました。

Grammarly Writing SupportGrammarly

Ginger Software

どちらも、無料でもウェブブラウザとWord上で英文校正を行うことができます。Ginger Softwareのほうが無料でも基本機能のほとんどを使うことができます。総合的な性能はGrammarlyのほうが高いような気がします。個人的には、Gingerの無料版とGrammarlyの有料版を組み合わせようかと思っています。

Gingerの利点

Ginger softwareが優れている点の一つ目は文章の言い換えを提案してくれる機能で、文法を直すだけでなくよりわかりやすい表現を教えてくれます。もう一つは有料版限定ですが、学習機能がついていて同じような間違いを繰り返すと記録して解析できます。最後に、英文を発音してくれるサービスもあります。有料版はまだ使っていないので、発音サービスがどの程度のものなのかはよくわかりません。

 Grammarlyの利点

一方のGrammarlyは、有料プランがGingerよりも高いです。高いといっても、年間140米ドル程度です。無料でも基本的な文法の間違いを直してくれますが、有料プランではより高度なエラーを直してくれるそうです。また、作成した文章を剽窃チェックをしてくれるので、知らないうちにどこかで見た英文をそのまま入力しているというミスを減らせます。

仕事に使うなら、Grammarlyのほうが良いですね。

 

September 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。