アメリカは先進国ですので、旅行時や生活のセットアップをするうえで、何かが足りなくて困ることはそうはありません。でも、通信手段は別です。旅行前、渡航前にできる限り準備しておかないと辛いこともあります。

アメリカのWIFI事情

アメリカはWIFI(無線LAN)が日本よりも使いやすいです。Starbucks(記事『StarbucksのWIFI』)やマクドナルド、Subwayなどの店やデパート、モールなどに行けばとりあえずWIFIを使うことができます。Apple Storeがあれば、そこでもWIFIを使うことができます。日本の無料WIFIと比べると場所によっては遅い場所もありますが、それでも何とかEmailくらいならできます。

一方、ホテルでWIFIがあることを謳っているところは結構ありますが、無料のところはそれほど多くありません。

また、そもそも公衆WIFIは日本でもアメリカでもセキュリティ面で危険だから使わないほうが良いという話もあります。

 

空港での連絡手段

空港でも同様です。ほとんどの空港でWIFIを使うことができますが、(僕の少ない経験では)半分は使い物になりません。また、シカゴのオヘア空港のように、WIFIが無料ではない空港もあります。在住であれば支払うのは容易なのですが、到着直後にクレジットカード、デビットカードともに持っていない場合も考えられます。

アメリカでは、公衆電話も25セント硬貨専用だったりして使いにくい場合もありますので気をつけなくてはいけません。事前に用意しておくか、現地で用意しなくてはいけません。(硬貨は補助通貨なので、日本では原則手に入りません。) 

空港内のコーヒーショップなどで買うついでに両替をお願いするのが良いでしょう。「Would you break a bill please?」「Can you break a bill for me please?」などと言っておけば通じるはずです。個人商店はわかりませんが、管理されている店の場合には従業員がレジを開けるのを制限されている場合がありますので、何も買わずにお願いしたり会計が終わってしまってからお願いするよりは、支払いをしている途中でお願いすれば、快く引き受けてくれる場合が多いです。(たまに、冷たい人もいますが、稀です。)

以前、空港でホストファミリーに連絡できなくて右往左往していた日本からの留学生に会ったことがあります。連絡先の電話番号くらいは通信手段がなくてもわかるようにメモを取っておきましょう。(メール内に電話番号があっても、通信手段が絶たれているとメールを読むことができない人もいます。)

 

長期滞在の場合

数ヶ月単位以上で滞在する場合には、電話やインターネットを契約すればよいと思います。僕は今でもプリペイド携帯を使っていますが、ソーシャルセキュリティナンバーがあれば(なくても)携帯電話の契約をすることができます。

インターネット料金は、都市によると思いますが、日本よりも絶望的に高いです。今いる町では、選択肢が二つあって、どちらも試したのですが、遅い、高い(毎月7,000~10,000円)、途切れる、といいところがありません。

日本にいるうちに、手配しておくこともできます。割高なのでどうしても到着直後から必要な人以外はお勧めはできない、と思っていたのですが、以前よりは条件が良くなっていました。機種にこだわりがなければこれでもいいかもしれません。

普通の契約をする場合には、ソーシャルセキュリティナンバー、クレジットヒストリーがない場合には数百ドルのデポジットを求められたりする(場合もある)ようです。日本と同じく新しい電話を安く買った場合には2年縛りがありますが、日本のように2年縛りが自動更新されていくことはありません。プリペイドの場合には不要です。

 

短期滞在の場合

短期滞在の場合にも、現地でプリペイドを用意するほうが安いのですが、日本でWIFI機器をレンタルしていくこともできます。そちらのほうが心配が少なくて手軽です。アメリカだけではなく、他の国にも渡航する場合にも対応できるようですので、便利そうではあります。

いずれも、WIFIホットスポットと言われる製品のレンタルですので、WIFIを使える機器は別途持っていく必要があります。スマートフォンの場合には、スマートフォンのSIMカードを抜いておくか(その場合は起動しなくなる機種もあるかもしれません)、携帯電波を使うデータ通信をきっておかないといわゆる「パケ死」に陥ります。(ソフトバンクは自動で海外パケット定額に加入しているようです。)

以前社会問題になったことがあって、NTT DOCOMOでは「一回まで」事後の救済措置がありました。今でもあるかどうかはわかりません。

多少高額になりますが、日本の携帯電話を解約せずに渡航する場合には、海外パケット通信定額サービスに頼るのも手です。ただし、「テザリング」に対応していない場合にはスマートフォンからしかインターネットを使えないため注意が必要です。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。