2015年12月から、「ストレスチェック制度」なるものが始まるそうです。まったく知りませんでしたが、2014年6月25日に交付された労働安全衛生法改正によって決められた制度だそうです。

僕がこの制度を知ったのは、Yahoo!ニュースの記事『12月から施行されるストレスチェック制度について記者解説です。』を見たためですが、基礎知識がないためかまったく理解できませんでした。少し調べてみましたが、効果が見込めないとまでは言えないなあという感想です。

ストレスチェック制度とは

2015年12月から新しく導入されるストレスチェック制度は、

  1. 50人以上の従業員を雇用する事業者に従業員の精神的ストレスの度合いを測定するアンケートを年に一度行い、
  2. 結果を判定した産業医・保健師などが高ストレスと判定された従業員に面接指導を勧め、
  3. 事業者が産業医などに面接依頼をして、
  4. 結果、時間外労働の削減、配置転換等の措置を検討、実施する

ことを義務付けるものです。厚生労働省のウェブサイトから要約部分を転載しますが、厚生労働省のページで流れ図などを使って分かりやすくまとめられています。

ストレスチェックテストの流れストレスチェックテストの流れ(厚生労働省ウェブサイトより)http://goo.gl/WzTEiR

改正労働安全衛生法に基づく、ストレスチェック制度とは?

平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されました。 今回新たに導入されるストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減 させるとともに、検査結果を集団ごとに集計・分析し、職場におけるストレス要因を評価し、職場環境の改善につなげることで、ストレスの要因そのものも低減させるものであり、さらにその中で、メンタルヘルス不調のリスクの高い者を早期に発見し、 医師による面接指導につなげることで、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止する取組です。(平成27年12月1日施行)
出典:厚生労働省ウェブサイトより

ストレス簡易調査表の例

厚生労働省のウェブサイトに、57項目からなる調査票の例『職業性ストレス簡易調査票(PDF)』が挙げられています。これに従う義務はありませんが、職場ごとに大きく改変する理由もそれほどないので多くの職場ではそのままか、少し改変した程度で使われるのではないでしょうか?

実施用のプログラム・マニュアル

ストレスチェックを職場で行うためのWindowsプログラム「厚生労働省版ストレスチェックプログラム」と「報告書・意見書作成マニュアル」が公開されています。

ストレスチェック制度は役立つのか?

普通の企業なら

職場のストレスに配慮する制度が出来るのは喜ばしいことです。一定以上の効果はあると思います。普通の職場ではこのストレスチェック制度があることで、これまで表に出なかった問題が明らかになると思いますし、従業員がうつ病などを発症する前に対応できるチャンスが拡がると思います。

調査を行うコストや産業居などに掛かる費用は増えるかもしれませんが、ストレスが少ない状態のほうが仕事の効率も上がりますし、休職者に掛かるコストや退職者が出た場合の採用・教育コストが削減できると思います。

「ブラック企業」では?

一方、いわゆる「ブラック企業」「ブラック職場」に対しての効果はほぼないと思います

  • 従業員から事業者に求めがないと始まらない
  • 求めがなく「面談」がなかった場合、労働基準監督署への報告にも含まれない(参考:Q19
  • フォローアップがなさそう(改善がない場合でも、問題になる可能性があるのは人数だけ)

という制度になっています。問題がある職場の場合にはこれらのために、効果が小さいかと思います。

August 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。