日本とアメリカには大体半日ほどの時差があります。アメリカは国内でも時差が本土で3時間ありますので、アメリカ国内で移動すると時間がわからなくなったりします。空港で、手元の時計があっているのか、違っているのか、わからなくなりがちです。

スマートフォンでは、最近のものは位置情報を見て自動的に時間を変えてくれますが、既に変わっているのか、いつも迷います。

東京とアメリカ主要都市の現在時刻

タイムゾーンと時差、時間の計算

日本は地図上で縦長、南北に広く東西はそれほど広くないので、国内での時差はありません。

アメリカやカナダ、オーストラリアのような大きな国は国内に時差があり、同じ時間帯を使う(域内では時差がない)エリアをタイムゾーンと呼びます。

また、イギリスのグリニッジ標準時(GMT)を協定標準時(UTC)として、協定標準時よりも9時間進んでいる日本標準時(JST)の場合はGMT +9:00やUTC +9:00とあらわされます。アメリカのニューヨーク市のタイムゾーンは、10月はEDTで、これは協定標準時よりも4時間遅れていてUTC -4:00と表わされます。

ニューヨークと東京の時差は、東京を基準にしたとき-4-(+9)=-13時間で、東京が10月22日午前0時のとき-13時間して10月21日午前11時になります。

アメリカのタイムゾーン

アメリカのタイムゾーンは、基本的には6つに分かれます。日本に近い側から、

  • ハワイ標準時(HST) UTC -10:00
  • アラスカ標準時(AKST) UTC -9:00
  • 太平洋標準時(PST) UTC -8:00
  • 山岳部標準時(MST) UTC -7:00
  • 中部標準時(CST) UTC -6:00
  • 東部標準時(EST) UTC -5:00

です。標準時はStandard Time(ST)で、ハワイを除く5つの標準時にはサマータイム(Daylight saving)があり、

  • アラスカ夏時間(AKDT) UTC -8:00
  • 太平洋夏時間(PDT) UTC -7:00
  • 山岳部夏時間(MDT) UTC -6:00
  • 中部夏時間(CDT) UTC -5:00
  • 東部夏時間(EDT) UTC -4:00

と、それぞれ略号のS(Standard)をD(Daylight)に変えたものになっています。Standard Time(ST)とDaylight Time(DT)で1時間時差があるので、見るとき、書くときには要注意です。

ナバホ族居留地

アリゾナ州は、州内で夏時間を使う場所と使わない場所に分かれています。アリゾナ州内は基本的に夏時間がありませんが、隣接するユタ州との間にまたがるネイティブアメリカンの土地、ナバホ族居留地では夏時間を採用されています。が、さらにナバホ族居留地に囲まれているホピ族居留地では夏時間がありません。

グランドキャニオン観光で通ることがあるかも知れません。

夏時間の始まりと終わり

アメリカのサマータイムの切り替えは全米同時です。

  • 2015年3月8日~11月1日
  • 2016年3月13日~11月6日
  • 2017年3月12日~11月5日

3月第2日曜日の午前2時に1時間時計を早め、11月第1日曜日の午前2時に1時間戻します。(なので、2015年11月1日午前1時30分は2回やってきます)深夜に切り替えなので、普通に生活している人には大きな影響はありませんが、目覚まし時計にサマータイム対応機能がついていない場合は遅刻することになるので気をつけなくてはいけません。

August 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。