最近良くあることですが、また個人情報流出のニュースです。昨日(2015/2/4)の記事によると今回の流出は、規模が大きく最大8000万件で、盗まれた情報も多いです。ニュース記事によると、

The information stolen from the insurance giant includes names, birthdays, medical IDs, social security numbers, street addresses, e-mail addresses and employment information, including income data.

Anthem said there is no evidence that credit card or medical information was compromised. While damage is still being assessed, the compromised database contained up to 80 million customer records.(出典:CNN Money

かなり大規模です。カード情報が盗まれた証拠はないとありますが、例によって証拠が出されていないだけではないかと。この会社は業界第二位の大手企業だそうですが、それよりも僕の医療保険もここの発行です。日本での情報流出は500円金券とかでお茶を濁していますが、訴訟社会の本場アメリカでは、たぶん何も貰えないのではないかと、思います。記事には、

Anthem will offer free credit monitoring and identity protection services to affected customers.(出典:同上)

「ただ」で、クレジットカードの不正利用モニターサービスをしてくれるかもしれない、と。訴訟はあるかもしれませんが、被害者には賠償金が入らずに弁護士だけに入っていくのだろうなあと、アメリカに慣れてきた僕は思ってしまいます。

August 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。