少し前にクリスマスがありました。日本では、「メリークリスマス」とどこでも耳にしますし、この挨拶でそれほど違和感がありませんが、こちらでの挨拶は「ハッピーホリデー」という人が圧倒的多数です。職場内での挨拶は少なくとも「ハッピホリデー」でした。キリスト教の祭典であるクリスマスだけではなく、ハヌカーというユダヤ教の祝日も12月にあるということと、特定の宗教の挨拶を避けるため、このような挨拶をすることになってきたようです。

11月末のサンクスギビング(感謝祭)を過ぎると街は一気にクリスマスムードに変わります。あちこちにクリスマスツリーができ、店にはクリスマス飾りが大量に並びます。凝った飾り付けをする家も多いので、通りすがりに見るのが楽しかったです。

クリスマスの祝い方は日本のクリスマスとは大きく違い、家族と過ごすことが主です。僕の周りの人たちは、サンクスギビングに妻の家族、クリスマスに夫の家族(またはその逆)と過ごすために帰省することが多かったです。兄弟が多い人は家族の訪問を受けるのも結構大変そうで、「火曜日は2番目の兄夫婦、水曜日は2番目の弟と一番下の妹(以下続く)」のように、毎日忙しいひともいました。

また、年末は商売をしている人には一番の繁忙期なのですが、クリスマスの日は休みのところが多く、食事をできるところがない、買い物ができない、など、一昔前の日本の正月と同じように少し不便です。日本での状況と同じで年々営業する店が増えているようです。クリスマスイブは少し早めに切り上げてクリスマスはお休み、ニューイヤーイブ(大晦日)とニューイヤーデイ(元日)も同様、という店も多くありました。

October 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。