同車種(フォード F-250)

2014年12月に、アメリカテキサス州の下水工事会社を突然の不幸が襲いました。

ISISが公開したビデオに会社名と電話番号が出ていたのです。なぜこのようなことが起こったかと言うと、売却した社用車が回りまわってISISに使われていてビデオに写っていたためです。

この下水会社が2015年12月9日、フォードのディーラーを提訴したそうです。(参考:『Plumber sues dealership for $1 million after truck ends up with terrorists』)CNN.com)

下水会社の風評被害

この下水会社はアメリカテキサス州のMark-1 Plumberという会社で、ビデオが公開された日には1000件以上の嫌がらせの電話を受けたということです。

この会社のyelpページ(ディレクトリサービス)を見ると、ビデオに関係したコメントが投稿されているほか、プロフィール画像としてISのビデオのキャプチャ画像が使われてしまっています。

ニュースで使われていた画像はこのようなものです。直接の被害と評判が悪くなったことに対して、100万ドル(約1億2000万円)の損害賠償を求めてテキサス州の裁判所に訴えが出されました。

本当に何も関係ないので、こういう被害こそまさに風評被害だと思います。

被害を防ぐには

なお、社用車を売却する際、会社名と電話番号を消す契約になっていたかどうかは、調べた限りでは判りませんでした。中古で購入するのが別の会社であれば、塗装をしなおすと思いますが、そうでなければ期待できないと思うので、売るときに消しておくか、ディーラーへ売るときに契約に入れておく必要があるのかなと思います。

他人事ではないと思うのは、日本の中古車もアフガニスタンなどの紛争地域に売られていて、ネットを検索すると会社や団体のロゴや連絡先が残ったままのものもあるからです。たまたま、写っているのがISの車列ではないというだけで・・・・。

ISの風評被害は他にも

ISの別名、ISISは英語では「あいしす」と発音されます。発音も表記も、ギリシャ語でエジプト神話の女神「イシス」と同じです。太陽神「ラー」(日本で言うアマテラス?)の娘とする神話もあるそうで、豊穣の女神です。

なので、会社名、団体名に使っているところも非常に多く、風評被害だけではなく看板を壊されたりする被害もでています。

過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」によるテロ攻撃への脅威が拡大するなか、米コロラド州のデンバーでこのほど、店名にISISの文字が入った店の看板に向かって何者かがれんがを投げ付ける出来事があった。
...中略...
同店は過激派組織のISISについて、アラビア語で同じ意味を指す「Daesh(ダーイシュ)」と呼ぶよう、現在フェイスブックを通じて訴えている。
米国特許商標庁によれば、米国には「ISIS」の文字の入った企業や製品が270以上存在する。
出典:『店名に「ISIS」、看板壊される 米デンバー』(CNN.co.jp)

他にも、社名を変える動きも出ていたりします。(参考:「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ』Chem-Station)

看板を壊された本屋はCNN記事には書かれていませんが、1年間で5回同じ被害に遭っているとか・・・。

トヨタのCMのパロディ化して貶めるようなこともありました。

August 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。