SkyMallという雑誌があります。アメリカで飛行機においてあるカタログショッピング用機内誌です。いつも飛行機に乗る機会があると、面白いのでついつい全部読んでしまいます。 謎の素敵アイテムが非常に多く、乗るたびに、「あ!これ欲しい!、覚えておいて買おう!」と思ってはそのまま忘れてしまいます。普通のものや便利グッズも多いですが、家にあったら夢に出てきてうなされそうな置物とか、そういうものが満載です。

 

Skymallの破産

創業25年以上ずっと機内誌として読まれ続けているこの雑誌の会社、SkyMallが破産法11条を申請したそうです。これは、再建に向けたもので解散するわけではないようのですが、残念です。 Timeの記事によると、2013年は売上高33.7百万ドル(約34億円)、2014年は15.8百万ドル(約18億円)に急落したようです。機内の無線LANシステムが本格的に始まった影響が考えられるそうです。

そういえば、ずーっと前からの「電子機器の電源を切ってください」というお達しも最近なくなって、電波を発しなければ使用可に変わりました。飛行機に乗ると、タブレット、携帯をずっといじっている人の数が増えました。

機内で好きな映画や音楽を楽しむことができるようになり、電子書籍もいつでも読めるようになりました。SkyMallはたまに読むと面白いのですが、それでも売られているもののレパートリーは毎回代わり映えがしないといえばしない印象です。アメリカの国土が広大なため、アメリカの国内線は日本の国内線よりも市民の足として使われています。売上急落して存続の危機に陥るのも、残念ですが時代の流れかと思います。

 

Skymallの復活

こちらの記事によると、ポラロイドを買収した会社がSkymallを買ったようです。200万ドル、約2億円強という安いのか高いのかよく分からない値段です。

Time誌に「Weirdなものをまだ買えるんだ!(やった!)」みたいな書き方をされています。

Weird—異様な、奇妙な、不思議な、気味が悪い

 

売っているモノたち・・・

Skymallでは、まともなモノも売っているのですが、目玉はこんなモノたちです。

ずっと売っているので、アメリカ人は喜んで買っているんだと思っていました。そういえば、遊びに行った家においてあるのを見たことはないですね。さすがにこういうのは。

August 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。