2015年10月3日に、アフガニスタンで活動している国境なき医師団(MSF:Medecins Sans Frontieres、Doctors without Borders)の病院に対してアメリカ軍の爆撃機が1時間半に渡って爆撃を加えるという事件がありました。

国境なき医師団:MSF

少し前の記事『アフリカのヘビ毒抗血清がなくなる?—国境なき医師団』ではアフリカで毒ヘビに咬まれた市民の治療、という話で出てきた団体です。1971年に設立された国際組織で、貧困地域や災害地域、紛争地域で無償で医療を提供しています。1999年にはノーベル平和賞を受賞しています。(冒頭の画像は、リベリアでのエボラ出血熱治療活動の写真[BY]です。アフガニスタンに関連はありません。)

アフガニスタンの紛争地域クンドゥズ州にあった国境なき医師団が運営する病院が爆撃を受け、医療関係者12名と患者10名が死亡、37名が受傷しました。この件に関しては、詳しいニュース・ブログ記事が多くあります。

病院爆撃事件の参考記事

病院は崩壊し、撤退

このクンドゥズ州の国境なき医師団の病院は、州で唯一の外科病院だったそうです。2011年8月に開業しているので、既に4年前から建物としての病院を持ち、活動していました。

爆撃時には、崩壊した外傷センターで働いていたスタッフ、国境なき医師団のページによるとアフガニスタン人400名、それ以外10名で、まとめ役の医師もアフガニスタン人と書かれています。(データ元:下記の国境なき医師団ページ) エボラ出血熱の医療支援を行っていた団体もそうでしたが、ある程度息の長い活動になると現地スタッフが多くを占めるようになるようです。

この国境なき医師団の外傷センターが急に忙しくなったのが2015年9月28日で、病院がある場所がタリバン、アフガン主要都市に初侵攻 市内をほぼ制圧』(AFPBB)のようにアフガニスタン政府軍とタリバンの戦闘地域になってしまっていました。

銃弾が何発か敷地内まで飛んで来て、集中治療室の屋根を貫通したものもあります。ただ、そのような状況下でも、紛争当事者がセンターやスタッフの活動を尊重したことから、業務の継続が可能でした。
これまでに受け入れた負傷者は296人で、そのうち64人が子どもでした。また、296人のうち74人が重体でした。患者の多くは銃創でした。腹部、四肢、頭部にひどいけがを負った人びとを、外科医たちが懸命に治療し続けました。
センターの対応能力は完全に限界です。通常のベッド数は92床ですが、緊急に150床まで増設しました。事務室と検査室にも患者を運び込み、床に敷いたマットレスで容体の安定を図っています。
出典:『アフガニスタン:紛争発生から72時間、そのときMSF病院は?』(国境なき医師団) 2015年10月2日掲載

10月1日には、アフガン軍、タリバンから北部クンドゥズを奪還 政府発表』(AFPBB)が出ているので、まさに紛争の真っ只中で今回の爆撃が起こっています。

爆撃後、国境なき医師団はこの地域から撤退を表明しました。

 アフガニスタン北部クンドゥズで3日、国際医療・人道援助団体「国境なき医師団(MSF)」の病院が米軍によるとみられる爆撃を受けた事件で、MSFは4日、機能を失った病院を閉鎖し、ほとんどのスタッフをクンドゥズから撤収させたことを明らかにした。ロイター通信などが報じた。
出典:『<アフガニスタン>「国境なき医師団」病院閉鎖し撤退』(毎日新聞 via Goo)リンク切れのためリンクを削除しました

爆撃後の経過

AFPBBのページで検索すると、時系列で記事が出てきたのでリンクを貼っておきます。(リンク先はすべてAFPBB)

  1. 病院空爆は「アフガン側が要請」 米軍が説明一転(2015年10月06日 07:25)
  2. 米軍、アフガン病院の誤爆認める 「深い遺憾の意」表明(2015年10月07日 06:56)
  3. オバマ大統領、「国境なき医師団」に謝罪 米軍の病院誤爆で(2015年10月08日 09:48)
  4. アフガン病院誤爆、米国防総省が見舞金支払い表明(2015年10月11日 10:28)

被害者に見舞金

と、アメリカ軍がけが人と死者の遺族へ「お見舞い金」を支払うことが表明されました。最後の見舞金というところですが、日本語訳されたAFP記事では、

ピーター・クック(Peter Cook)国防総省報道官は、「われわれができることの一つは、米軍の作戦により負傷した非戦闘員の民間人と、死亡した非戦闘員の民間人の遺族を対象に見舞金の支払いを実施することだ」と話し、アフガニスタン駐留米軍が、負傷者や遺族と話し合った上で、「妥当な支払額」を決めると述べた。
出典:前出AFPBB記事

となっていますが、英語のニュースCNNを見に行くと

The United States will make "condolence payments" to the wounded victims and the families of 22 people killed in the airstrike against a Doctors Without Borders hospital in Kunduz, Afghanistan, last week, Pentagon spokesman Peter Cook announced Saturday.
The amount of the payments has not been determined, Cook said.
"If necessary and appropriate, the administration will seek additional authority from the Congress," he said, adding that the payments will go to "civilian non-combatants injured and the families of civilian non-combatants killed as a result of U.S. military operations."
出典:『Pentagon to pay victims of U.S. airstrike on Afghan hospital』(CNN politics)

と書かれています。同じ発言を見て、雰囲気がだいぶ違う記事内容で驚きました。

condolenceは辞書を見ると「他人の悲しみに対する同情の表現」(日本語WordNet)だそうで、確かに見舞金なのですが報道官の発言で「If necessary and appropriate, the administration will seek additional authority from the Congress」と議会に諮ると言うのが表に出てきています。発言の同じ部分から翻訳したとは思えないので、違う場所かも知れませんが、ニュースで切り取られる場所が違うとずいぶん違う印象になると改めて思いました。CNN.co.jpに翻訳が出ていました。

アフガニスタン北部クンドゥズで先週、国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」の病院が誤爆された問題で、米国防総省のピーター・クック報道官は10日、負傷者と死亡した22人の遺族に「見舞金」を支払うことを発表した。金額は未定。
クック報道官は「もし必要かつ適切であれば、政府は米連邦議会に追加の権限を求める」としたうえで、見舞金は「負傷した非戦闘員民間人と、米国の軍事作戦の結果として死亡した非戦闘員民間人の遺族」に支払われると述べた。
出典:『米、遺族らに「見舞金」支払いへ アフガン病院誤爆』(CNN.co.jp)

見舞金は「非戦闘員」と書かれています。国境なき医師団の病院では、負傷者の属するグループに関係なく治療していたのですが、地域に他の病院がないとしても政府軍側は別の選択肢があるはずなので、自ずと国境なき医師団の病院に来るのは巻き添えになった市民と反政府側だったのかなと思います。そうすると、「見舞金の支払い」で調査に来たり、証拠品を持っていったりするのでしょうか。

それにしても、こういう件に対しての「誤爆」というを用語は違和感が強いです。

イラクやアフガニスタンでの戦闘では、ゲリラ側が誤爆を逆手に取って、民間人居住区や施設から攻撃する「人間の盾」戦法を駆使し、国際世論を気にするアメリカ軍や多国籍軍を手こずらせている。そのため、重要な作戦では誤爆のリスクを承知で攻撃を許可する場合もある。
たとえばアメリカ軍では、重要目標1人の殺害において民間人29人までの犠牲が司令官の裁量で許されており、殺害目標も含めて30人以上が犠牲になる場合には、大統領または国防長官の許可が必要となる。イラク戦争においては、サッダーム・フセインを含めた最重要指名手配者殺害のため民間居住区への空爆を50回近く許可した。しかし、結局一人も仕留める事ができなかった上に誤爆により200人近くの民間人が犠牲になったこと、アメリカ合衆国に憎悪や反米感情を抱く者が増えたため、空爆の効果自体疑問視されるようになった。
出典:『誤爆』(ウィキペディア 最終更新 2015/10/11 19:24)

目標が病院だったことは、世界的に組織された国境なき医師団の病院である上に「地域に一つしかない」ですし、わからなかったとはとても思えません。停止要請後も続けていますし。

September 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。