2015年8月30日、ホワイトハウスがアメリカ最高峰のマッキンリー山(Mount McKinley)をデナリ山(Mount Denali)に改名すると発表しました。31日、バラク・オバマ大統領が正式に宣言したようです。

マッキンリー山

マッキンリーは、アメリカのアラスカ州はアラスカ山脈にある北アメリカでもっとも標高が高い山です。現在の標高は6168メートルで、世界中を見れば標高ランキングで100位にも入りませんが、ふもとの標高が低いため「山」としての高さ、大きさは世界最高峰のエベレストを凌ぎます。

この、「マッキンリー」が突然「デナリ」に改称されました。

「マッキンリー」山の由来

ウィキペディアを引くと、

近年は先住民の名称であるデナリ (Denali)と呼ばれることも多い。

1897年、この山は、当時のアメリカ合衆国大統領ウィリアム・マッキンリーにちなみマッキンリー山と命名された。「デナリ」とは、先住民デナッイア族の言語であるデナッイア語で「偉大なもの」を意味する。

1980年、アラスカ州法に基づき、山を含む周囲にデナリ国立公園が設置され、同時に、アラスカ地名局は山の呼称もデナリと改称した。ただし連邦地名局は、引き続きマッキンリー山という呼称を使っていた。

現在、2つの呼称が混在しているが、アラスカ人は「デナリ」の名を好む傾向があり、また連邦政府での呼称もデナリに変更しようとする運動も起こっている。その一方で、観光客などは山はマッキンリー、国立公園はデナリと呼び分けることもある。

2015年8月31日、バラク・オバマ大統領は名称を「デナリ」に変更すると発表する。ホワイトハウスが30日明らかにした。

出典:『デナリ』(ウィキペディア 最終更新 2015/8/31 21:18)

もともとの先住民が呼んでいた名前に戻しただけのようです。

ただし、ウィキペディアの記事ではなぜマッキンリー山なのかよく分からないので、ニュース記事を引用すると、

1896年、付近で鉱山を探していた男性が、共和党の大統領候補だったウィリアム・マッキンリー氏への支持を表明するために名付けた。同氏は翌年、第25代大統領に就任した。しかし、先住民は「デナリ」と呼んでおり、アラスカ州政府は1975年から、デナリを公式に使うよう連邦政府に要求。80年、山を含む周りに「デナリ国立公園」を設けた。改称の理由について、ホワイトハウスは、先住民にとって「聖域」であり、「マッキンリー大統領はアラスカに足を踏み入れたことはない」とした。
出典:『北米大陸最高峰マッキンリーを「デナリ」に改称 米政府』(朝日新聞デジタル)

過去の大統領選挙に絡んで、名づけられていた名前を戻したようです。「名付けた」と書かれていますが、ほかの記事では「金鉱堀が呼び名を変えるように提案した」と書いているところもあります。

ウィリアム・マッキンリー大統領

1897年に就任し、南北戦争を経験した最後の大統領であるとともに、19世紀最後かつ20世紀最初のアメリカ大統領です。

在任中にアメリカ・スペイン戦争を起こし、プエルトリコ、グアム、フィリピンを併合してキューバを占領、さらにハワイ共和国にされていたハワイ王国を併合しました。

1901年に暗殺され、跡をセオドア・ルーズベルト大統領が継ぎました。

改称の経緯

40年間改名されなかった理由

ウィキペディアやニュース記事にあるようにアラスカ州政府は長い間、マッキンリー山をデナリ山に戻すように働きかけをしており、マッキンリーの周辺はデナリ国立公園として整備されていました。

マッキンリーはアラスカ州とは関係ない人物ですので、なぜこれまで改称されていなかったのか少し不思議です。理由は、マッキンリー山の名前の由来であるウィリアム・マッキンリー大統領の出身地で、マッキンリー大統領が州知事・連邦下院議員を務めたオハイオ州が強固に反対していたたからでした。

改名された理由

ずっと改名されてこなかったマッキンリー山ですが、今回バラク・オバマ大統領が改名に踏み切った理由は、オバマ氏がアフリカ系アメリカ人として初の大統領に当選した、「2008年大統領選挙の公約」だったからのようです。

The move is rooted in Obama's 2008 campaign, when he promised to improve relations with Native Americans, a key Democratic constituency. Alaskan tribes have been advocating for a return to Denali for decades. But Ohioans — who helped deliver the presidency to Obama in 2008 and 2012 — pushed back, saying it would be an insult to McKinley's political legacy.
出典:『Mt. McKinley to Denali: How A Mountain's Renaming Got Tied Up in Politics』(NBC News)

バラク・オバマ大統領は2008年に就任して2012年に再選されています。アメリカ大統領は3選できないようになっていますので、オバマ大統領は次回の選挙のことは気にしなくても済みます。

オバマ大統領の場合は、2014年の中間選挙で敗北し議会の主導権を共和党に握られている他、重要案件で民主党議員からも造反されています。「レームダック」と呼ばれるはずの時期なのですが、最近、大統領としての活動がアクティブになっていてCNNなどにも「なぜだろう」と考察されていたりします。

選挙のことを気にしなくて済むようになったので、やりたいようにやっていると考えられています。

ただし、ビル・クリントン大統領が顕著な例ですが、アメリカ大統領は引退後、通常は政界から引退し、講演会などをして現役大統領だった頃よりも高収入になることが多いようです。そういうことも考えているのかもしれません。

共和党から反発

デナリ山への改称は、ウィリアム・マッキンリー大統領が所属していた共和党から反発を招いています。

ジョン・ベイナー下院議長をはじめ、2016年大統領選挙の予備選挙に出馬している候補者たちから、抗議のツイートを受けています。(上記 NBC News記事にあります)

最右翼であるドナルド・トランプ氏には、「大統領になったら戻してやる」と書かれています。

日本の人名にちなんだ地名

アメリカのことですので、とやかく言う義理はありませんが、土地に関係ない人物の名前を取った地名は違和感があります。上記のトランプ氏のツイートへの返信を見ていると、「デナリ山はオハイオ州にあるわけじゃないの、知ってる?」というものもありました。

日本ではどうなのか調べてみると、ウィキペディアに項目『日本の人名地名一覧』ができていました。

ほとんどは、その土地を開拓した開拓者だったり、探検家だったりという人の名前に由来していて、時々会社に由来した地名(味の素、トヨタ自動車、出光興産など)があります。

政治家に由来する名前もありますが、その土地に全く関係が見出せない名前は、歴代天皇の名前が付けられた天皇海山群くらいです。これは日本人が付けたわけではなくてなぜかアメリカ人学者がつけたものが、別称として残っているようです。

"北西太平洋海山列"(英語表記は NORTHWEST PACIFIC SEAMOUNT CHAIN)と命名されていて,カッコ付きで"天皇海山列"(英語表記はEMPEROR SEA−MOUNT CHAIN)と記 されている,つまり,天皇海山列は別称で,北西太平洋海山列が正式名称なのである
出典:『天皇海山列 —発見・命名のいきさつと生成の謎—』(杉山明著、地球科学59巻,72–79)

日本には関係ない偉人の名前にちなんだ地名は無いようですが、世界のほかの国を見ると結構たくさんありますので特異ではありません。

August 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。