2015年7月23日にロシアのソユーズ宇宙船で日本の宇宙飛行士、油井亀美也氏が国際宇宙ステーション(ISS)に飛び立ちました。2015年になってからISSへの補給に何度も失敗していましたが、7月3日に打ち上げられたロシアの補給船プログレスは無事に補給を完了していました。

宇宙からの写真ツイート

2015年3月からISSに滞在しているスコット・ケリー宇宙飛行士の写真入りツイートがYahoo!ニュース(時事通信)に出ていました。油井飛行士が撮影した日本の夜景の写真も一緒に掲載されていました。

参考:宇宙から見た地球 写真特集』jijicom

どちらも綺麗ですね。油井飛行士のツイートの通り、ケリー飛行士の写真は宇宙から撮った感が一杯ですごいです。

それにしても、日本は明るいですね。油井飛行士の写真も、ケリー飛行士の写真も横浜あたりが真っ暗なのはなぜでしょう?同じ時間に撮って、雲がかかっているのでしょうか?油井飛行士の写真では、名古屋付近がやたらに明るいです。

ケリー飛行士は、他にもあちこちの夜景を投稿されています。一つがこれ。

東地中海ということなので、トルコとかエジプトあたりの写真のはずですが、どこだかさっぱり分かりません。でも、日本と比べても明るいところが結構広いですね。

 

スコット・ケリー宇宙飛行士

スコット・ケリー宇宙飛行士は、ベテランの宇宙飛行士でNASAに入る前には海軍のパイロットでした。ISSも今回が3回目で初回は、2007年のISSの組み立てミッションで機長だったという超ベテランです。

今回は、2015年3月から人類初の1年間の宇宙滞在予定で、地球に帰還したときに、双子の弟マーク・ケリー元宇宙飛行士と血液などを比べるという追加ミッション(?)が組まれているそうです。

双子の1人であるスコット・ケリーが1年間のISS滞在を行うことになったため、宇宙飛行士を引退したマーク・ケリーと共同で、双子の体の変化の違いを詳しく調べることにより貴重なデータが得られることから、飛行前後と飛行中に、定期的な間隔で2人の血液サンプルを採取し比較を行う医学実験を行うことになった。これらのデータから、将来の月周辺での活動や、小惑星、さらには有人火星探査に対するリスク軽減や対応策を検討するのに役立てられると期待されている。
出典:『スコット・ケリー』(ウィキペディア 最終更新 2015/1/9 12:27)

壮大な計画で、夢物語のように思えてしまいますが、こういう計画を実際に行動に移していくあたりが、アメリカだなあと思います。

ツイッターの写真は、思わず見とれてしまうものが多いです。

夜明けの写真

 

December 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。