2015年6月17日夜に、サウスカロライナ州チャールストンの黒人系教会を白人男性と思われる人物が襲撃し、複数の死者が出ているというニュースがありました。先日、『チャールストン郊外で警官による黒人射殺事件、2015年4月』があった街の隣です。

チャールストンの銃乱射事件

米南部サウスカロライナ州チャールストンの黒人教会で17日夜(日本時間18日午前)、白人の男が銃を乱射し、男性3人、女性6人の計9人が死亡した。男は車で逃走
出典:『米黒人教会銃撃、9人死亡』(ロイター通信)

注:リンク切れのためリンクを外しました

日本語のニュースでも伝えられています。容疑者は翌日逮捕されましたが、ヘイトクライムである疑いが濃厚です。

ヘイトクライム(憎悪犯罪)

ヘイトクライムは、人種、民族、宗教、性的指向、性別、使用言語、国籍、障害、外見など特定の何かに対する偏見や憎悪が元で引き起こされる犯罪(特に暴力)です。日本にはヘイトクライムを取り締まる法律はなく普通の犯罪と同じ扱いですが、アメリカでは刑が3段階加重されます。

アメリカでヘイトクライムに分類される犯罪は全体では「減少傾向」とされていますが、実態は不明です。刑が加重されますし「ヘイト」と言われないように偽装しているようです。

Attorney General Eric Holder said in June 2009 that recent killings show the need for a tougher U.S. hate crimes law to stop "violence masquerading as political activism".
出典:『Hate Crime』(Wikipedia last modified on 18 June 2015, at 18:44)

 

サウスカロライナ州チャールストン

チャールストンは、イギリス植民地時代から繁栄していた港町です。現在でも、重要な貿易港で、日本語版ウィキペディアによると全米第4位のコンテナ取扱量だそうです。

聖なる市(The Holy City)としても知られる。これは、低層の都市景観を形作る有名な教会があり、その多くの尖塔が街のスカイラインとなっているからである。また当初の13植民地の中で、非カトリックに限定していたとしても信教に対する寛容さを認めていた数少ない都市の一つだったという事実にもよっている。多くのユグノーがチャールストンに向かってきた[3]。さらにチャールストンはユダヤ人にその信仰(ユダヤ教)を制限無しに認めた最初期の植民地都市でもあった。
出典:『チャールストン (サウスカロライナ州)』(ウィキペディア 最終更新 2015/3/11 13:27)

有名な教会が多くあり、襲撃を受けたのはこの中でもアフリカ系アメリカ人の歴史上重要な教会のようです。

メソジスト・エピスコパル教会

CNNのニュース記事によると

Several people were killed in a shooting at a historic African-American church in Charleston, South Carolina, a source close to the investigation told CNN.
The shooter is still at large.
The shooting took place Wednesday evening at the Emanuel African Methodist Episcopal Church, the oldest AME church in the South.
出典:『Charleston church shooting: Multiple fatalities in South Carolina, source says』(CNN.com Updated 12:09 AM ET, Thu June 18, 2015)

で、他のニュースとあわせると、

この教会が被害に遭ったようです。ウィキペディアの記事によると、

最初のイングランド国教会の教会であるセント・フィリップス・エピスコパル教会は1682年に建てられたが、火事で焼け、現在ある場所に移された。奴隷達も人口に占める比率が高かったが、市内の宗教的社会では活発に活動した。自由黒人の市民と奴隷達が、オールド・ベセル合同メソジスト教会を1797年に建てる際に貢献し、1791年建立のエマヌエル・アフリカン・メソジスト・エピスコパル教会の会派は自由人および奴隷のアフリカ系アメリカ人でのみ構成された宗教集団から派生している。この教会は南部で最古のアフリカン・メソジスト・エピスコパル教会であり、アメリカ合衆国全体でも2番目に古いものである。なお、アメリカで最初の博物館が1773年1月12日に開館された。
出典:上記ウィキぺディア

Googleの画像などを見てもそれほど古くは見えないのですが、現在の建物は1891年に建ったものだそうです。日本の寺院と違って、塗りなおされていると外からは分かりませんね。

「I have a dream,」のキング牧師が訪れたこともあるそうです。

 

 

聖書講座中の襲撃で9名死亡

教会の中では、聖書の勉強会(bible study class)をしている最中だったそうで、9名死亡が確認されています。

犯人は、20歳代の細身の白人男性と伝えられていますが、詳細不明です。この白人男性の服装が公表されていて、グレイのスェットに青いジーンズ、ブーツ、とされています。ただし、公表された時間帯に、この出で立ちの白人男性が警官に拘束されているのをテレビカメラが捉えていたそうなのですがその後釈放されていて、現在も逃走中ということになっています。

"He obviously is extremely dangerous," Chief Mullen said. "We will put all our resources, we will put all of our energy in finding this individual."
The department asked anyone with information to call 911 dispatchers.
"While we do not yet know all of the details, we do know that we'll never understand what motivates anyone to enter one of our places of worship and take the life of another," South Carolina Gov. Nikki Haley said.
Mullen was more direct: "I do believe this was a hate crime."
出典:『Charleston church shooting: 9 killed in what officials call a hate crime』(CNN.com Updated 2:23 AM ET, Thu June 18, 2015)
注:CNNで良くあるのですが、前述の同じ記事が改題されています。

 

 

Methodist Church:長老派教会

Methodist Church(メソディスト)は日本語では長老派教会と呼ばれ、プロテスタントの一派です。アメリカで他に良く見るのはBaptist Church(バプティスト)で、こちらは日本では福音教会と呼ばれている宗派です。

ただ、日本のものとはたぶん全く様相が違うと思います。アメリカ国内でも、東海岸ではいわゆる「教会」を連想する教会が多いのですが、西海岸ではぱっと見では教会と分からない教会が良くあります。一度、西海岸の教会に入ったことがあるのですが、大きなスクリーンにビデオを流しながら「クリスチャン・ロック」というジャンルの音楽を生演奏していてカルチャーショックを受けた覚えがあります。

MethodistとBaptistの違いは、ウィキペディアを読んでみたのですが良くわかりませんでした。英語のサイトで違いを解説しているところがありました。(参考:『Difference Between Methodist and Baptist』) なんとなく、Baptistのほうが厳格で、Methodistのほうが緩いということだそうです。詳細に興味がある方は参考サイトへどうぞ。

 

容疑者Dylann Roof逮捕

現地時間6月18日朝、Dylann Roof容疑者が隣のノースカロライナ州で逮捕されました。容疑者がソーシャルメディアに投稿していた画像や、生存者にかけた言葉から、明らかにヘイトクライムだったようです。警察署長がヘイトクライムと断定していた理由はこれですね。

ヘイトクライム?テロリズム?

ヘイトクライムというよりは、むしろテロリズムな気がします。その場にいた12人のうち、9人が殺害され生存者の一人に「生かしてやるから何があったのか伝えろ」と言ったようです。狙われた教会も歴史的に重要な場所です。

Six females and three males were killed, Mullen said. Three people survived, including a woman who received a chilling message from the shooter.
"Her life was spared, and (she was) told, I'm not going to kill you, I'm going to spare you, so you can tell them what happened," Charleston NAACP President Dot Scott told CNN. Scott said she heard this from the victims' family members.
出典:『http://www.cnn.com/2015/06/18/us/charleston-south-carolina-shooting/index.html』(CNN.com Updated 11:42 AM ET, Thu June 18, 2015 ) 注:前出CNNの改題です。

また、フェイスブック上の写真がニュースメディアに出ていて、

パーカーについている紋章が、アパルトヘイト時代の南アフリカの国旗と、白人が支配していたころのローデシア(現ジンバブエ)の国旗だったということです。南アフリカの国旗(1928年から1994年)南アフリカの国旗(1928年から1994年)

ローデシア国旗(1965年~1979年の白人政権)ローデシア国旗(1965年~1979年の白人政権)

ウェブサイト

6月20日、ディラン・ルーフ容疑者が作ったと思われるウェブサイト「the Last Rhodesian」が発見されました。サイトは既に消滅させられていますが、アメリカで非営利を掲げるメディアNPRに掲載されていた写真が載っています。(参考:『Photos Of Dylann Roof, Racist Manifesto Surface On Website』NPR)

該当サイトには、犯行に至った経緯や黒人・ヒスパニック、ユダヤ人蔑視の言葉が並んでいたようです。

犯行の標的にチャールストンを選んだ理由については、かつて黒人人口の比率が非常に高かったという歴史的経緯を挙げ、白人至上主義者の活動がみられないことから「だれかが勇気を持って行動しなければならない。それは自分だ」との考えに至ったと説明している。
出典:『米教会銃撃の容疑者、ウェブ上に差別的声明か』(CNN.co.jp)

 黒人については「愚かで暴力的」「人種隔離は白人を守るために必要」と主張し、ヒスパニックは「良い人と悪い人がいて、白人系はいい」と書いた。アジア人の箇所では「生来の人種主義者で、北東アジアと白人が同盟を組むのは反対しない」と持論を展開した。
出典:『黒人侮辱の容疑者、犯行宣言で「北東アジア人との連帯」訴える』(産経ニュース)

北東アジアというのは極東アジアに近い概念のようですが正確な定義はなく、北東ではロシアの大部分を含む代わりに東アジア諸国を含まないようです。

既にサイトは到達不能になっていますが、書かれた文章が書き起こされています。いつまであるか分かりませんが、scribd.comにID「James_Cumm_frPPWp23W」でアップロードされていました。他に、同サイトで容疑者が持っていた旗「Confederation Flag」がネットショッピングで急激に売り上げを伸ばし、Amazon、Google、eBay、Appleなどにより販売禁止されました。さらに、旗自体を禁止しようという動きも出ています。

 

犠牲者にサウスカロライナ州上院議員

襲撃されたアメリカン・メトジスト・エピコバル教会の牧師Clementa C. Pinckney氏(クレメンタ・ピンチニー氏)は共和党所属のサウスカロライナ州上院議員で、先日の『チャールストン郊外で警官による黒人射殺事件、2015年4月』を受けて、警官にボディカメラをつけるための法律成立のための活動をしていたそうです。

テロリズムの定義

最近は、かなり聞きなれてしまったこの言葉ですが、定義は結構曖昧です。多くの国・政治家が敵対する相手のすることに向かって「テロ」と烙印を押し、自分を正当化するのに使っているようです。日本でも、政敵に向かってテロ呼ばわりした人がいたりします。

国連の前事務総長コフィー・アナン氏(Kofi Atta Annan)が2004年11月に出した報告書に、

住民を威嚇する、または政府や国際組織を強制する、あるいは行動を自制させる目的で、市民や非戦闘員に対して殺害または重大な身体的危害を引き起こす事を意図したあらゆる行動
出典:『テロリズム』(ウィキペディア 最終更新 2015/4/18 12:16)

 とあるようです。これはなんとなく良さそうな定義です。これを見ると、今回の件はテロリズムではなくヘイトクライムなのかなと思います。

 

殺害された牧師兼上院議員の葬儀で大統領熱唱

殺害されたクレメンタ・ピンチニー氏の葬儀にバラク・オバマ大統領が参加し、演説途中でアメイジング・グレイスを歌いました。参考記事:『オバマ大統領が「アメイジング・グレイス」 教会銃乱射事件の犠牲者に捧げる(動画)』(ハフィントンポスト)

やっぱりオバマ大統領は話すのが上手いですね。

 

アメリカ連合国の「国旗」禁止

Roof容疑者のウェブサイトにアメリカ連合国の国旗、Confederate Flagを掲げる写真が載っており、事件の後小売大手が販売禁止にしていました。

Confederate Flagは南北戦争の経緯から黒人差別の象徴として捉えられる旗ですが、一般アメリカ人にはどちらかというと南部の独立性と歴史を象徴するものと捉えられているようです。(参考:『CNN/ORC poll: 57% see Confederate flag as Southern pride』CNN.com)

南部の議会など公共施設には、星条旗とともに掲げられているらしく、襲撃事件後にConfederate Flagをもぎ取るような事件も起きました。事件があった、サウスカロライナ州でも掲揚されていましたが、2015年7月9日掲揚を廃止する法律が通ったようです。(参考:『South Carolina Senate gives final OK to remove Confederate flag; House vote is up next』LA Times、『米サウスカロライナ州下院、南部連合旗撤去を可決』ウォールストリートジャーナル日本語版)

州知事が署名を拒否しなければ成立します。

September 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。