フォーチュン誌に「The one perk that will guarantee employee happiness」(2015年5月28日)というタイトルの記事が出ていました。

僕はemployer(雇い主)ではなくてemployee(雇われ人)ですがとりあえず読んでみました。

開示せよ

「Be transparent」として、従業員に関係する決定をしたときにはなぜそうするのかを話そうね、という意味でした。

感謝を示せ

「Show appreciatoin」と、感謝を示すのと、小さな成果であっても祝おうということです。

 

従業員は大切

優秀な人材を採用するのは時間がかかるし、失うと大変だよ、と書いています。

まあ、そうですよね。医学系はこういうものが疎かで、こういう題目を唱えはするものの実践されているのを残念ながら見たことがないです。記事の内容はすごくありがちですが、この手の記事を読むたびにため息が出ます。

記事の著者 Ryan Harwood氏

この記事の著者は、ライターではなくPureWowという情報サイトのCEO(最高経営責任者)だそうです。他にもあれこれと寄稿しています。

短い記事が多くて読みやすいです。まあ、One perk、ではなくて二つじゃないかと思うのですが・・・。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。