アメリカのMSNやYAHOO、CNNに掲載されていたブレイキング・ニュース(ニュース速報・注目ニュース)に、「Bruce Jenner(ブルース・ジェンナー)が『自分は女性』とインタビューに答えた」話が出ています。Bruce Jenner氏自体を知らなかったので読み飛ばしていたのですが、どうもアメリカでの注目ニュースらしいと気づき、読んでみました。日本では、キム・カーダシアンの養父と言ったほうが通りが良いかもしれません。

Bruce Jenner(ブルース・ジェンナー)

日本語ウィキペディアにも2007年に作成されたエントリーがあります。抜粋すると、

ブルース・ジェンナー(William Bruce Jenner、1949年10月28日 - )は、アメリカ合衆国の陸上競技選手。十種競技の元世界記録保持者で、1976年モントリオールオリンピックの金メダリストである。

ジェンナー自身はクリスティーという女性と1972年に結婚。初婚で息子のバート(1978年生)、ケーシー(1980年6月4日生)が生まれたが1980年に離婚。1981年にエルヴィス・プレスリーの元恋人(1972年~1976年)であるリンダ・トンプソンと結婚し、ブランドン(1981年6月10日生)、ブロディと2人の子供を授かるも、1983年に離婚している。リンダ・トンプソンはその後、音楽プロデューサーのデイヴィッド・フォスターと再婚する(2007年に離婚)。
現在の妻は弁護士ロバート・カーダシアンの元妻であるクリス・ジェンナー。彼女との間にはケンダル・ジェンナー(1995年11月3日生)とカイリー・ジェンナー(1997年8月10日)がいる。クリスとロバートとの間にはコートニー・カーダシアン、キム・カーダシアン、クロエ・カーダシアン、ロブ・カーダシアンがいる。よって彼には義子も含めると10人の子供がいる。
カーダシアン一家の生活に密着したリアリティ番組「Keeping Up with the Kardashians」に出演している。
出典:『ブルース・ジェンナー』(ウィキペディア 最終更新 2015/1/22 15:55 )

オリンピックの金メダリストで、金メダルを取ったあと競技から引退して俳優として活動している人です。英語のWikipediaを見ると、2014年9月に離婚申し立てをされて2015年3月23日に離婚が成立しているようです。リアリティ番組「Keeping Up with the Kardashians」を見たことはないのですが、キム・カーダシアンの項目には「Keeping Up with the Kardashians」でよく知られていると書いてあるので、人気番組なのでしょう。

今回、ニュースになったインタビューについては「インタビューすることになった」ということまで記事『Diane Sawyer gets Bruce Jenner 'transitioning' interview』になっているので、注目度の高さが窺い知れます。

 

トランスジェンダー

出生時の外性器(身体)の性別とは反対の性自認を持つ現象」(ウィキペディア『性転換症』より)を指す言葉です。少し分かりにくいので、普通の日本語にすると「生まれたときの体の性別と、自分が思う性別とが違う現象」です。

一般的に日本語表現では「性同一性障害」(Gender Identity Disorder:GID)になると思いますが、正しい日本語訳は「性転換症」(transsexualism)のようです。いずれの日本語訳も「障害」「症」という語が含まれていて、「病気」というようなイメージが出てしまっています。英語では、もう少し進んだ言い方として、gender transition」や「transitioned」と言うようです。今回のインタビュー予告でも、"transitioning"と書かれていますがここでの意味は原義のまま、「移行しつつある」という意味だと思います。

現在日本ではこのTranssexualism に性同一性障害の訳語が、特に海外の情報を紹介する際に用いられることが多くなった。なおICD-10で言う「性同一性障害(F64)」に相当する一般的な表現としてトランスジェンダーがあり、英語圏を中心に広く用いられ近年では国際連合や欧州評議会の人権問題を取り扱った文書においてもLGBTという概念と関連して用いられている。
さらに、「トランスセクシュアル」の過去の汚名を払拭し、普遍的定義を持たない「トランスジェンダー」の曖昧さを回避するため新しい表現として「gender transition」や「transitioned」という表現(性別の移行、性別移行者の意味)があり、「トランスセクシュアル」の同義語としてモントリオール宣言の前文やジョグジャカルタ原則の第3原則に於いても用いられている。
出典:『性転換症』(ウィキペディア 最終更新 2015/2/28 08:35)

 

LGBT:性的少数者

同性愛・バイセクシュアルと一緒にまとめてLGBTと呼ばれていますが、T:トランスジェンダーはL:レズビアン、G:ゲイ、B:バイセクシュアルの3者とはかなり違う気がします。日本語でも、性同一性障害・性転換症とは呼ばれますが、同性愛障害・同性愛症とは呼びません。

以前の記事『「宗教の自由」法が入店を制限、波紋を呼んでいる』でも引用したアメリカにどれくらいLGBTいるのかという調査では、若年者では6.4%がLGBTだと答えていました。日本でも、7万人を対象とした2015年の電通調査によると7.6%がLGBTに分類されるそうです。(参考:『【LGBT】性的マイノリティーは全体の7.6% 電通調査、3年前より増えた理由は?』ハフィントンポスト)アメリカよりも多いというのは俄かには信じがたいです。

決め難い、という答えなどを除くと3.8%(ただし、そのうちXジェンダーは普通LGBTに含むようです)なのでアメリカとそんなに変わりません。

 

Bruce Jennerのインタビュー


ABC Breaking US News | US News Videos

4月24日金曜日のインタビューは、約1700万人が視聴し100万回近くツイートされた(参考:『Bruce Jenner Interview Draws Huge Ratings』ハフィントンポスト)とされています。

"I'm me. I'm a person. This is who I am. I'm not stuck in anybody's body. My brain is much more female than male."
"For all intents and purposes, I am a woman,"
出典:前述ハフィントンポスト記事

 

 

Bruce Jennerに対する反応

家族の反応

義理の息子「Kris Humphries」:Kris Humphries apologizes for Bruce Jenner tweet

すぐにツイートは削除され、謝罪

義理の娘「Kim Kardashian」:Kim Kardashian Leaves Bruce Jenner's Home After His Emotional Interview

家を出たとは書いてありますが、ただ出ただけなのか、何なのか全く不明

末娘「Kylie Jenner」:Keeping Up with the Kardashians: Bruce Jenner's suicide bid

性転換の噂がでてから、父を避けているとされています

ツイッター上の反応

家族のツイートも含め、賛否いろいろなツイートをCNNがまとめています。

When Bruce Jenner told ABC's Diane Sawyer and the world on Friday night that "Yes, for all intents and purposes, I'm a woman," the declaration wasn't particularly surprising.
Paparazzi have been stalking the former Olympic champion for months, breathlessly documenting his increasingly feminine appearance down to his lip gloss, pierced ears and French manicure.
The social media reaction? A cheer, a shrug -- and not much else. Except the occasional prod at Jenner also being Republican.
出典:『Bruce Jenner: Social media reacts with a cheer and a shrug』(CNN.com)

「共和党的には、トランスジェンダーは許されない」と旧約聖書「申命記」(Book of Deutoronomy)22:5というところを引用して批判している人もいます。「申命記」は旧約聖書の中で預言者モーセが書いたと信じられるモーセ5書の一つで、Deutoronomyというのは「言葉」という意味だそうです。

共和党が突然出てくるのは、インタビューの中でBruce Jennerが共和党への支持を表明していたためだと思います。(参考:Bruce Jenner comes out ... as a Republican』CNN.com)

重要なインタビューだったという論説

少なくとも2つの論説で今回のインタビューが重要だったと書いてありました。

  1. Bruce Jenner Republican Christian Bombshell Dropped During Transgender Interview — Why It’s Significant(Inquisitr)
  2. Why Bruce Jenner’s Big Interview Will in Fact 'Change the World'(ET Online)

1つ目の記事では、LGBTのうち65%は民主党支持で、共和党支持は21%しかいないと書いています。タイトルのsignificantを「重要」「意義がある」ではなく「統計的に有意」という意味で使っているのかもしれません・・・。関係ありませんが英語の論文に出てくるsignificantを「明らかに意味がある」というように訳したり、(statistically) significantのことをさして「意義がある」というように学会発表するのは辞めて欲しいと常々思っています。

2つ目の記事では、トランスジェンダーの置かれた状況を記事にしています。アメリカでもトランスジェンダーの認知度は高くはなく、トランスジェンダーの人を知っていると答えた人が8%しかいなかったということです。日本では、「はるな愛」や「佐藤かよ」など有名な人たちがいますが、アメリカでは「Bruce Jenner」が始めての著名人なのかもしれません。日本でも有名になった後にtransitionした人は居なさそうです。

Gender expression isn’t a shocking topic of discussion among middle or high school students, and an increasing number of kids are beginning their transitions while still in elementary school.
These trans children and their parents tell remarkably similar stories about how other kids on the playground don’t really care if someone comes to school and announces a new name or that they’d rather line up with boys instead of girls. And when a teacher or coach pushes back and tries to enforce traditional gender norms – even those a kid is miserably, desperately resisting -- more parents are pushing back, challenging school districts and states to protect their kids’ rights to self-expression.
出典:前述ETOnline記事、下線は管理人による改変

その代わり、小学生のうちに女の子がある日男の子の名前になって登校してくることがある、というように書いてあります。インタビューを決意するまでの間、パパラッチに追いかけられて自殺も考えたということも書いてあります。

They’re also often going public, when the kids want to, and so we’re now meeting a generation of transgender activists who began telling their own stories in the media at age 12 or 13.
But these amazing kids are still living in a world that’s playing catch-up – and often not fast enough to keep them safe, healthy and alive. Jenner spoke briefly of considering suicide when the pressure of paparazzi following him to one medical appointment became too much – but for many kids who don’t conform to a traditional idea of gender, staying alive is a daily struggle, whether because it feels like the entire world’s rejected their true selves, or because they are a frequent target of intolerant violence.
出典:前述ETOnline記事、下線は管理人による改変

 

数年前のアメリカでは黒人少年が射殺される事件が報道されても、どちらかというと銃規制の議論が出ることが多かったのですが、最近では人種差別の議論になり、デモや暴動が起こります。合衆国政府によって同姓婚を認める方向に進んでいますし、しばらくすると白人人口が半分を切るという話も出ています。今年はキューバとの国交正常化交渉も始まりました。ここ数年でアメリカ社会も変わってきているのだと思いますが、僕の住む田舎まではまだ来ていません。

 

Caitlyn Jenner(ケイトリン・ジェンナー)

その後、Bruce Jenner改めCaitlyn Jennerとしてメディアに登場しました。開設したツイッターにフォロワーがすごい勢いで集まり、バラク・オバマ現大統領が持っていたギネス記録を更新しました。

オバマ大統領も祝福のツイートを寄せています。

 

August 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。